カード決済を利用した買い物の注意点

物を購入したりはサービスを受けた対価として費用を支払う方法はいくつかありますが、カード決済を選ぶ場合はいくつか注意しなくてはならないことがあります。


通常の買い物では購入したものと現金が引き換えとなるのに対し、カード決済を利用した場合はクレジットカード会社から1ヵ月分の期間にカードを利用した分の金額がまとめて請求されることになるのです。



したがって、カード決済は買い物の際に現金が不要なことから、極端な表現をするとお金を持たずにものを購入できてしまう状態にあります。
現金が目の前で動くのを確認できないため、実際に使った購入費用の総額を把握しきれずに請求書が届いて驚いてしまうという場合も少なくないようです。



支払いに必要なお金が口座に用意できないような事態になっては大変です。
このようなことにならないようにするために、カード決済は利用しないという考えの人も少なくありませんが、使い方次第ではポイントが貯められたりなどクレジットカードならではのメリットもありますので、上手に使えるように自分でルールを設けることをおすすめします。


公共料金など、毎月の支払が固定されているものや大きな買い物などのときにカード決済を利用するといった方法や、月に利用する限度額を決めておき、利用明細や控えを管理して限度額を超えないように使うなどの方法があります。



自分にあったルールで上手に買い物ができるように管理してみてはいかがでしょうか。

Copyright (C) 2016 カード決済を利用した買い物の注意点 All Rights Reserved.